たまごの山幸
良い農場から良いものをきめ細やかな物流で、新鮮な“タマゴ”をお届けいたします。
HOME
農場案内
たまごの取り扱い方法
よくある質問
会社概要
 
モバイル版
HOME»  たまごの知識

食中毒防止のための、たまごの安全な取扱い方


 

1、冷暗所での保管を 2、先に仕入れたものから使う 3、必ずせっけんで手洗いを
1. 冷暗所での保管を 3. 必ずせっけんで手洗いを 3. 必ずせっけんで手洗いを
日光があたる場所、高温な場所、多湿な場所での保管は禁物です。
たまごは8℃以下の状態が保てる場所で保管してください。
必ず先に仕入れたものから使うようにしてください。
たまごを調理する前には、必ず手洗いを!
調理途中に他のものに触れたときも手洗いを!
4、割れたものは加熱調理に 5、調理道具は衛生的に 6.、割卵は使う直前に
4. 割れたものは加熱調理に 5. 調理道具は衛生的に 6. 割卵は使う直前に
ひびが入ってるものは、外から細菌が付着し、繁殖している可能性があるので、過熱調理用にしてください。 連続してたまごをかくはんする際の容器は、必ず1回1回洗浄してください。
特に生の肉や魚を扱った調理道具は、必ず1回1回洗浄し、衛生的なものをお使いください。
たまごは使う直前に割卵してください。
 
決して割ったたまごの状態で放置しないでください。
7、加熱調理は十分に 8、冷たい料理は8℃以下で保冷 9、暖かい料理は、60℃以上で保温
7. 加熱調理は十分に 8. 冷たい料理は8℃以下で保冷 9. 暖かい料理は、60℃以上で保温
加熱調理をする際には、たまごに十分な加熱を与えてください。
サルモネラ菌は、60℃、3分以上の加熱で死滅します。
熱を加えない料理には、必ず新鮮なたまごをお使いください。
出来上がった料理は室温の中に放置せず、冷たいままで出す料理の場合は8℃以下で必ず保冷してください。 出来上がった料理は室温の中に放置せず、暖かい料理の場合は60℃以上で必ず保温してください。
10、料理を室温に置くのは2時間以内に    
10、料理を室温に置くのは2時間以内に    
出来上がった料理を室温に置いておくのは、最大でも2時間以内にとどめるようにしてください。    

よくある質問